今はやりのいろいろな挙式スタイルの紹介!

貸し切りでゆったりとした空間を!

ゲストハウスのタイプであると、庭や教会や建物を借りることができますのでゲストとゆったりとした時間を過ごすメリットがあります。庭で散策をしたり、天気のいい青空の下で会話をしたり、緑地帯で記念撮影をしたりと様々です。控室では、ソファーやオブジェなどがありアットホームな空間があります。ほかにもプールや壮大な教会といったゲストハウスごとに固有の特徴がありますのでイメージを確実にするために、見学をすることで選定することが重要になります。

費用を抑えたければ会費制を!

結婚式は、ご祝儀によるゲストの負担と挙式そのものがトータルで高くなってしまうデメリットがあります。これを解消するのが会費制の結婚式で、カメラマンや引き出物やウェディングケーキを省くことで大幅にコスト削減をすることができます。バイキング形式のパーティーが一般的で、お披露目をしてゲストと歓談を楽しむということが主体となります。そのため、リーズナブルな数千円の会費を設定する運営方式となります。ゲストとのコミュニケーションが充実していますし、挨拶もかたぐるしくないのが特徴です。

ランドマークでの挙式がオリジナル!

有名な寺院やテーマパークなどの観光地で挙式を上げると、自分やゲストに印象が残りやすいです。たとえば、有名な寺院では、普段は入れないところに入ることができるバックヤードツア―的な要素がありますし、一般の観客も祝ってくれる雰囲気があるので目立つこともできます。テーマパークでもキャラクターが参加してくれたり、ゲストも観光気分で楽しんで帰ることができます。写真も貴重な記念になります。

神戸の結婚式場では和洋様々なスタイルで結婚式が行われます。なかでも、チャペルは特に女性からの人気が高いです。