イメージに惑わされない!どんな給湯器にもメリットとデメリットがある

地域によって燃料が異なる

給湯器の種類は燃料による違いがあり、関東から南に住む方にとってはガスや電気を燃料とする給湯器が馴染み深いです。しかし、東北や北海道など寒さが厳しい地域では、石油を燃料とする給湯器がメジャー、ガスも都市ガスよりプロパンガスが広く利用されています。近年はオール電化住宅の影響で電気を燃料とする給湯器が最新のイメージがありますが、ジャーや投げ込みヒーターなど電気でお湯を沸かす技術は古くからありました。燃料がガスの場合は時間帯によって料金に差は生じませんが、電気を燃料とする給湯器は電気代が安い深夜にお湯を作って溜めておくと経済的、その為にはお湯を保温しながら溜めておくタンクが必要になります。

タンクを共有するとコストを抑えることが可能

タンクを有する給湯器は貯湯式、タンクを有しない給湯器は瞬間式と呼ばれています。タンクを設置するにはスペースが必要なため一般の集合住宅には不向き、集合住宅には使うときだけお湯を沸かす瞬間式が向いています。タンクを共有している大型集合住宅やビルでは、燃料代やメンテナンス費用などを抑えることが可能です。タンクの大きさは使用量によって異なり、タンクからお湯を供給する配管を床に設置すれば床暖房としても利用できます。貯湯式のデメリットは、タンクのお湯がなくなると当然にお湯切れになります。給湯器には号数があり、号数が大きくなると一度に沸かせる湯量が増します。号数の大きい給湯器を設置すれば、食器洗い・お風呂・朝シャンも同時に行えますが、号数が小さい給湯器で同時にお湯を使用すると水圧が下がり不便を生じます。給湯器の寿命は10年程、給湯器を選ぶ際には家族構成やライフスタイルを考慮しなくてななりません。

給湯器の相模原の業者を選ぶメリットは、実に様々なですが、特に低価格でメンテナンスを依頼できることがあります。