婚約指輪を買うなら!必ず見たほうがいい情報

婚約指輪と結婚指輪の違いについて

婚約指輪と結婚指輪。同じ指輪でも意味合いが全然違います。婚約指輪は今付き合っている彼女に対して、結婚したいと言う意志を伝える為のプロポーズ。そのプロポーズで必ず必要となる指輪です。これから一生守っていきます。結婚してくださいと言う事を強くアピールしなければなりません。勿論結果が分からない状態ですので、サプライズや雰囲気も大事になってきます。婚約指輪は万が一旦那さんが亡くなってしまった場合、指輪を売って生活の足しにしてほしいと言う説もあるのです。そして結婚指輪は既に婚姻届けが役所に提出されてる、または結婚が確定している相手と結婚式の場で交換する指輪です。これは夫婦で選んだ方がいいですし、一生身につけておくものですのでデザインも大事ですが、つけ心地や素材を気にするといいです。

プロポーズにつきまして

一生に一度のプロポーズ。大事な相手との一生が決まると言っても過言ではありません。そんな大事な日は少し奮発するといいです。例えば昼間に会って彼女の好きな所に連れて行ってあげると喜ばれます。動物園でも買い物でも水族館でもいいです。そして夜にはちょっとオシャレなレストランでディナー。この時に予め店員さんと打ち合わせをしてプロポーズのタイミングを決めて、プロポーズした瞬間BGMが流れ、ケーキや花束と一緒に指輪があるようなサプライズがあるととても喜ばれます。またレストランでプロポーズをすると、その場にいる他のお客さんも巻き込んでお祝いしてもらえる可能性もあるので、そうなった場合は相当盛り上がります。

毎日身に付ける結婚指輪に対し、プロポーズの瞬間と特別な式典でしか活躍できない婚約指輪ですが、結婚という人生の一大イベントを決心した男性側の「覚悟」の証でもあります。