一生に一度のお買い物!素敵な結婚指輪を選ぶコツ

飽きのこないデザインを選ぼう

長く身に着けるからこそデザインにはこだわりたいですよね。好みというのは人それぞれなので、どんなニーズにも対応できるようジュエリー店には多くの結婚指輪が並んでいます。どれもキラキラと輝いていてキレイなのですが、注目すべきは「どんな場面であっても、また何歳になっても身に着けることができるかどうか」という点です。ファッションリングとは違い気分で着けはずしするようなものではないので、ずっと身に着けられるような飽きのこないデザインを選ぶようにしましょう。

結婚指輪の素材は頑丈な物を選ぼう

お店によってどんな素材の指輪を扱っているかが違うため一概には言えませんが、ブライダルリングに多い素材は金やプラチナです。金は頑丈で高級感があるだけではなく、カラーバリエーションが3種類もあります。イエローゴールド・ホワイトゴールド・ピンクゴールドの3色があるため、自分の肌や日頃のファッションに合わせた色味を選ぶことができるというメリットがあります。プラチナも頑丈な素材であり、別名「白い金属」と言われています。白=結婚式というイメージから、プラチナはブライダルリングにぴったりな素材だと言われています。自分のライフスタイルに合わせてどんな素材がいいのかを選ぶようにすると良いでしょう。

指輪の製造法には2種類あるんです

指輪の製造には鋳造製法と鍛造製法の2種類があります。鋳造製法は量産向きなので安価に手に入るという特徴があり、鍛造製法は量産に不向きなので高額になってしまうのですが、非常に着け心地がよく頑丈であるという特徴があります。あまり予算がかけられないという場合には鋳造リングがおすすめですが、より頑丈なものを求めるのであれば鍛造リングがおすすめです。

結婚指輪の人気としては30万円程度の物が多いです。1970年代は給料3か月分などと言われていたこともあります。